クレジットカードの利潤生

クレジットカードとは大抵のお店で使用でき、現金がなくても商品を買うことが出来るカードのことを言います。お支払い方法は一括で支払う場合やリボ払いといった分割して払う方法があります。クレジットカードには色々な種類があります。会社の関連のカードやイオンなどといったお店で作るカードもあります。とても便利で20歳を超えた人達は全員持っていますし、使っている機能です。しかし、クレジットカードの恐ろしいところは現金で商品を買わないので危機感がなく買い物を多くしてしまうこともあります。カードの上限がくるまで使うことが出来ますが、その分支払う時の負担額が多くなってしまいます。ITが進んでいる現在の世の中でカードはとても必要になってきます。しかし考えもなく使いすぎると取り返しのつかなくなることもあるので使いすぎに注意すべき。



何かと便利なクレジットカード



我が家では5年ほど前からクレジットカードで買い物をするようになりました。それまでは毎月給料日になると、銀行に行き現金を引き出してきて食料品を買うのに使うお金や外食などに使うお金や、その他子供のために使うお金と言った感じで、使う用途に分けてとっておきました。それで、足りなくなるとまた銀行に行き現金をおろしていました。でも、子供ができてから妊娠中にちょくちょく銀行に行けなくなってきたときに、妹の旦那さんに勧めてもらったクレジットカードを作ることにしました。その時には、毎月かかる生活費が予定額を超えてしまって、なりなくなるといったことがでてきて、困っていたので一か月分の請求が翌月の支払いになるということで、カードを作りました。今では買い物をするときに使えるだけではなく、買い物をしてカードで支払うだけで、ポイントがつくので貯まったポイントで欲しいものが買えるということも魅力になっています。



クレジットカードの審査では何を見ているのか



クレジットカードは、たとえ良いと思って申込みをしたとしても、誰もが簡単に作る事が出来る訳ではありません。カードをもって、利用するためには、審査を受けて、それに通らなくてはいけませんので、注意が必要です。ですが、審査と言いましても、一体何を見ているのでしょうか。それは、返済能力がちゃんとあるかどうかになります。クレジットカード会社も、会社としてお金を貸す以上は、きちんと返済能力がある人に貸しませんと、会社自体がつぶれてしまいますよね。ですので、申込者はどういった職業なのか、また、勤務先は何処に勤めているのかというのを、きちんとチェックをします。その上で欠かせないのが、勤務先への電話をする事です。在籍確認をする事で、この人はウソ偽りなく、きちんと申込書に正しい勤務先を記入しているなという確認をしておりますので、申込書はきちんと書くようにしましょう。