クレジットカードリサーチ

クレジットカードの利用と考え方

クレジットカードは、お金と似ていますが、お金とは違う使い方も必要になります。お金の場合には具体的に利用した時に紙幣なりコインなりが減ります。ですので、そのことが分かりやすいということになりますが、クレジットカードの場合にはカード自体には変化が起こらないので、コントロールが難しいという面があるということになります。ですので、利用する場合には一定の考え方が必要になるということになります。またクレジットカードでは利用限度額が設定されていますが、これも中々厄介なところです。例えばデビットカードのように入金した金額だけ利用出来るということではなく、お金が今はなくても利用限度額まで使うことができてしまうということがあります。これを一番注意しないと使いすぎるということにもなるということが、注意点としても上位に位置する内容です。

クレジットカード使い方の基本

クレジットカードは、非常に便利に使えますが、アイテムですので使い方の基本はあります。まず世の中ではいくらでもクレジットカードが発行されているので、一定の収入がある人の場合には、簡単作ることが出来るということがあります。それでどうしても沢山のカードを作ってしまうということになる場合もあります。そうなると使い時に様々なカードを使ってしまい、何にいくら使ったかわからなくなり、銀行で引き落とす時に、入金していないということもあります。そうなると信用情報のシステムでいわゆるブラックリストに載ってしまうということもあります。本人が忘れている場合も沢山あるということで、そうなると将来の融資関係に支障をきたすことになるということになります。ですのでクレジットカードの管理ということで基本的な使い方が必要になるということになります。

クレジットカードはとても便利

買い物に行って財布の中を見るとお金が足りなくて冷や汗をかくことがありますが、クレジットカードを持っているとその心配がありません。わざわざATMまで走っていくこともないですし、ATMの手数料を支払う必要もありませんのでとても便利です。しかも、クレジットカードで支払いをすることでポイントが貯まっていきますのでお得です。ポイントを貯めて旅行にも行けます。上手な使い方のひとつとして毎月必ず支払わなければならないものをクレジットカード払いにしておけば入金忘れもなくなります。たとえば、光熱費や携帯電話、家賃などの払い込みを現金払いにしていると損をしていることになります。それぞれ金額が大きいのでポイントも速いペースで貯まっていきます。どうせ支払わなければならないものに付加価値がつきますのでお得感がかなり大きいです。