クレジットカードリサーチ

クレジットカードの審査基準

クレジットカードを申込むときに、最も不安なのが、審査に通るのかどうかという事ですよね。ですが、一般的には、あまりにも酷い滞納歴があるといったような事さえなければ、申込書に正しく記入する事で審査は通ります。ですが、その審査基準は、一体何を見ているのでしょうか。最も大切なのが、返済能力になります。その中でも、雇用形態はチェックされますので、注意が必要です。ですので、正社員なのかアルバイトなのか、また派遣社員なのかによって、最悪の場合審査に通らない可能性もありますので、気をつけましょう。ですが、正社員になったとしても、あまりにも勤続年数が浅い場合にも、注意が必要ですよ。また、最近のクレジットカード会社は、アルバイトや派遣社員でも審査が甘い会社があります。不安であれば、最初から審査基準の甘い会社を選ぶのも、一つの手段でしょう。

クレジットカードを作る時は、返済能力を考えよう

クレジットカードは、誰でも簡単に持つことが出来る訳ではありません。一見して、ホームページなどを見ますと、誰でも持つことが出来るようなキャッチコピーのクレジットカード会社もありますが、何処でも審査というものがありますので、注意が必要です。では、その審査では、何を基準にしてチェックをしているのでしょうか。一番大切になってくるのが、年収がいくらなのかという事です。例えばの話になりますが、極端な話、アルバイトで年収が200万円前後なのにも関わらず、300万円の融資をする事は出来ませんよね。年収に対して、あまりにも希望する融資額が高い場合には、審査にまず通る事は無いでしょう。また、万が一審査に通ったとしても、300万円ではなく、かなり低い額での融資になるでしょう。このように、この人であれば、いくらまでなら貸しても大丈夫だろうという判断材料にする為にも、年収はとても大切だという事を覚えておきましょう。

クレジットカードを複数枚持っている人は要注意!

クレジットカードは、新しい会社に申込みをすれば、正社員で勤続年数もあれば、誰でも通るわけではありません。きちんと細かい審査を行いますので、たとえ返済能力がある人でも、落とされてしまう可能性があります。それは、他の会社での借入額がいくらかという事です。当然ですが、産まれて初めて、クレジットカード会社に申込みをするという事であれば、正社員で勤続年数もあるという事であれば、審査には問題なく通る事が出来るでしょう。ですが、他の会社で既に、多額の融資を受けている場合には、その返済をしつつ、当社でもきちんと返済をする事が可能なのかというのをチェックします。ですので、場合によっては、審査におとされてしまう可能性があります。もしも、他社で借りているお金を、1本化して、まとめて返していきたいという事であれば、おまとめローンか事前にきちんと相談をするようにしましょう。何も言わないと、落とされてしまう可能性がありますよ。